モアイの誘い ムーチャスエルテのジフ
ムーチャ・スエルテはスペイン語で『がんばって』という意味です!!

ARGENTINA : BUENOS AIRES
ブエノスアイレスの日本庭園
2004.04.02

前回へ 南米の中の日本の目次へ 次回へ
トップページに戻る
ブエノスアイレスの日本庭園
ブエノスアイレスの人々の
散歩に利用されています
外国にある日本の庭園
この庭園はINOMATA YASUOさんという日本人のデザインで 作られたそうです。1967年の5月15日は現在の天皇・皇后も 訪れています。
外国にあるということで、かなり日本らしいものを 取り入れている庭園です。 お菓子でなくて、橋の八ツ橋があったり 沢渡り橋があったり、寺の鐘があったり、 竜安寺の石庭のようなものがあったりします。
外国人から見た日本のイメージというのは きっとこういったものなのだろうと思いました。 私たち日本人は日本の中におり、 世界のさまざまな文化も日本に入ってきているので 日本の独自の文化がどのようなものかというのは わかりづらくなっています。もしかしたら 外国人のほうが日本のいい面や悪い面というのを 自然に見ることができるのではないかと 私はこの庭園に来て思いました。

寺の鐘がありました
鐘を見ると、大晦日を思い出します。 日本の文化についていつも思うのですが、 自分はあるのが当たり前になっていて、 深めていないなといつも思います。 鐘は何のためにあるのか?とか 仏教についてとか?実は身近なものというのは 灯台下暗しになっているように感じます。
沢渡りの石
沢渡りの石のスペイン語の説明を読むと 石は人が乗っても大丈夫なように 他の石と連携しており、 それが相互に助け合うという 仏教の精神につながっていると書いてありました。 私はそんなことを考えたこともありませんでした。 南米の文化をやる前に日本の文化をやらなければならないと 思いました。

前回へ 南米の中の日本の目次へ 次回へ
このページの最初に戻る トップページに戻る
Copyright 2002 www.mucha-suerte.com All rights reserved.