モアイの誘い ムーチャスエルテのジフ
ムーチャ・スエルテはスペイン語で『がんばって』という意味です!!

COLOMBIA : CALI
SONY CENTER
2003.06.22

前回へ 南米の中の日本の目次へ 次回へ
トップページに戻る
SONY CENTER
ソニーセンターとは海外の主要都市にある ソニーの製品を買えるお店です。 カリには町の南のウニセントロの中にあります。 今回はデジタルカメラを買うためにお世話になりました。

ソニーセンターの中
ソニーセンターでは超最新のものは 置かれていませんでしたが、それなりに最新のものは 置いてありました。日本に比べて3ヶ月遅れといったかんじでしょか。 またやはり競争がないため、値段が高いです。ここでは日本で買う4割増しになると 考えていいと思います。
デジタルカメラのショーケース
私はそれなりに評判がよく、値段も手ごろなサイバーショットP72というデジタルカメラを 買いました。値段が高くなる理由として、競争がないと書きましたが、コロンビアではこの 南米の中の日本で前回紹介したフォト・ハポンががんばっていて それなりに最新のソニーとキャノンの製品を売っています。ここと比べると値段は一緒でした。

私の感想
私の感想なんて書いてもしょうがないのですが、 とにかくこれからの人に活かされるように反省を書いておきます。 やはりいいたいことはただ一つ。電化製品は日本で買ったほうがよい。 ということでしょうか。
やはり発展途上国であるこちらでは、日本の電化製品は高すぎるため 庶民には手が届かず、性能のよいものはあまり入ってきていません。 (車やバイクを除く)
こちらで安価にできるものを生産していると いったかんじです。
やはり供給不足のものは高いということで 日本の定価よりも高い値段になります。 サイバーショットのP72という私が買った機種であるなら 日本でもしも売られていたら39,800円くらいで買えると思います。 www.kakaku.comで調べると32,800円に税金と送料がかかると いったふうに書かれていました。
私はそれを1,300,000ペソで買いました。 ペソは現在、両替屋で2680ペソ。 円からドルに両替するのに118円+(2円)と考えて120円 で58,209円で買ったことになります。 高い!!
なぜそんなに高くなるのだろう? と思いませんか?ちなみにこのサイバーショットは日本で売られているものとは ちょっと違います。 スペイン語・英語・ポルトガル語・ドイツ語などから 言語を選べるので海外向けのものです。またアダプターや充電器が 100Vから240V対応で海外のどこでも使えるようになっています。 もしかしたら、日本で売られているものも海外対応かもしれません。
私はこの値段はいくらなんでも高すぎる。何が原因なんだろう と考えました。レシートをもらって気がついたのですが、 実はコロンビアの消費税が値段を引き上げている一因であることに気がつきました。 消費税が16%かかっているのです。ですから58,209円のうち 8,029円は税金であることに気がつきました。 他に関税がかかるとして、このくらいかと納得しました。
【 品揃え 】
やはり首都ではないので品揃えはあまり良いとはいえません。 私はメモリースティックを大きな容量が欲しかったのですが、 カリの店にあるのは128Mのものと両面で256M使えるもので、256M. 512M.1Gのものは置いていませんでした。 ちなみにボゴタにも256M,512Mはないそうで、 しかたなく1Gを買いました。
ボゴタにあるそうなので、料金先払いでボゴタから取り寄せてもらうことになりました。 ちなみにメモリースティックとは記憶媒体としては、 ダントツで高値で、この1Gは日本で購入しても7万程度するのでしょうか。 ちなみに私の場合は、税込みで10万2940円で購入しました。 ちなみに16%の税金は14,198円です。
日本で11万で購入できるものをこちらで16万で買ったわけです。
また笑えるのはデジカメより記憶媒体のほうにお金がかかっていることでしょうか。
ちなみにここではクレジットカードを使うことができます。
また私は5万高く買うことはwww.kakaku.com で市場の値段を調査したのと、こちらで値段を聞いて分かりました。 5万も差がでるなら、日本で買ったものをこちらに送ってもらったほうがよいのでは 思いましたが、カリは首都でないので日数もかかるし、 工程も多くなるので、高級品は盗まれる可能性が高い。 また郵便局の国際郵便サービスのEMSでコロンビアは 郵便物を追跡することができないのです。 せっかく送ってもらっても盗まれてはしょうがないので 高いがこちらで潔く買うことにしました。
ちなみにEMSでは保険をかけることができるので、 安心感はあります。
ちなみにEMSでエクアドルのキトに荷物を送ってもらったときには 約12日間くらいで届きました。民間の国際郵便サービスの FEDEXで送ってもらった郵便物は約22日間もかかりました。 高い金を取って、日数もかかりました。 私の経験的には郵便局の国際郵便サービスのほうが民間のものより よいです。
それでは、話は最後は荷物の話になってしまいましたが、 以上です。

前回へ 南米の中の日本の目次へ 次回へ
このページの最初に戻る トップページに戻る
Copyright 2002 www.mucha-suerte.com All rights reserved.